むし歯の予防と正常なあごの発育を
岡山市南区にある小児歯科にお任せ下さい

小児歯科

乳歯からの定期健診を習慣化して、
健やかで丈夫な歯とあごを小児歯科で育てましょう

お子様も保護者の方も
笑顔で通っていただける
岡山市南区にある小児歯科です。
ぜひ当院へお越しください。

健やかで丈夫な歯は、生涯に渡って全身の健康を支えてくれますが、そのためには乳歯時代から、お口の健康習慣を身につけることが大切です。岡山市南区にある高知歯科医院の小児歯科ならお任せ下さい。

岡山市南区の高知歯科医院では、定期健診でのむし歯やあごと歯の成長のチェック、予防と歯みがきの指導など、岡山市南区のお子様と保護者の方を小児歯科でトータルサポートしています。

岡山市南区の当院は開業より40年、地域のお子様のお口の健康、つまり小児歯科を支援してまいりました。お子様にも保護者の方にも、安心して笑顔で通っていただける歯科医院です。

こんなお悩みありませんか?

お子様がハミガキを嫌がることで困っているのでしたら、岡山市南区にある当院の高知歯科医院がおすすめです。
また、口臭や歯並びの悩みにも寄り添い、口呼吸の改善をサポートします。
・ハミガキの嫌がりに対応
・口臭や歯並びの悩み解消のお手伝い
・口呼吸改善のサポート

歯医者が嫌い・怖がりな方でも安心して治療を受けられる環境が整っています。
ぜひ、高知歯科医院をご利用ください。

小児歯科ではお口の健康の土台となる
あごの成育を大切にします

最近では、小さいお子様のむし歯の罹患率こそ減少しましたが、一方であごの成育の影響による歯並びの異常が増えています。
歯並びに遺伝的な要素も影響しますが、親子で同じ歯並びになることは必ずしもありません。
歯並びには、ふだんの食生活をはじめとする幼児期からの生活習慣や、後天的要素も大きいのが特徴です。
具体的な後天的要因としては以下のようなものが挙げられます。

食生活
姿勢
指しゃぶり
頬づえ
舌癖(舌を出す癖)

歯並びが悪い人の半数以上が、こうした生活習慣などの後天的な原因を持つともいわれています。
岡山市南区にある高知歯科医院では、これらの要素を考慮し、適切な治療を提供いたします。
小児歯科では、そのような影響を見逃しません。歯並びに大きく影響するのは、土台となるあごの骨の成長です。とくにかみ合わせは大切です。80歳で20本以上、歯が残っている方のかみ合わせを調べた結果が下図です。

正常咬合:84.6%

上顎前突(出っ歯):15.4%

 上顎前突
(出っ歯):
15.4%

反対咬合(受け口):0%

 反対咬合
(受け口):
0%

開咬:0%

歯並びの異常の変化について

現代社会においては、このような不正咬合(歯並びの異常)の症状が、お子様は非常に増えていると言われています。そのため、岡山市南区の小児歯科では問題視しております。岡山市南区の小児歯科では下のグラフをご覧ください。

  • 上顎のみ
  • 下顎のみ
  • 上下顎とも

* 昭和44年、56年は上顎、下顎含めて全体の割合を示す

1960年代は不正咬合が13%だったのに対して、2011年は40%を超えています。最近は小児歯科での矯正ニーズの高まりとともに、歯列矯正をしているお子様も増えていますが、不正咬合の症状があるお子様が増える傾向は続いています。

不正咬合は歯の並びだけが原因ではなく、その土台となるあごの成育がポイントです。

あごの成育が不十分なため、乳歯から大人の歯に順番に生え変わる時に、きれいに収まりづらく、かみ合わせの異常につながると考えられています。

原因のひとつには現代人の食生活があげられ、加工品などの繊維質が少ない柔らかい食品の増加(軟食化)が影響していると小児歯科では考えらえています。

健全な成長のための『食育』は、あごの成長にもとても大切です。しっかり食育を行うことで、正常なあごの発達が促せるよう、岡山市南区にある当院でも指導や支援を行っています。

小さなお子様を前に「80歳で歯がどれくらい残っているか」を想像することは、先の遠いことと感じられるかもしれませんが、将来のお口の健康は乳歯時代からのつながりのなかにあります。

一生の健康を支える健やかな口腔環境は、保護者の方からお子様への贈り物です。小児歯科では幼少時代からのケアが大切にすることをサポートしています。岡山市南区でお子様の歯にお悩みの方はご相談ください。

むし歯予防のケアについて

乳歯はやわらかいため、むし歯になりやすく、毎日のケアと歯科医院での専門的なケアが欠かせないことを小児歯科ではお伝えしております。
むし歯は細菌感染によって起きます。この菌は食べ物に含まれる糖分を栄養源としており、酸を出して歯を溶かしていきます。
幼い頃の細菌感染のリスクを減らし、糖分の接種に気を付けることでむし歯のリスクはコントロールすることが可能です。岡山市南区に住むお子様の歯の健康を、一緒に守っていきましょう。

お子様のお口の健康について
岡山市南区の小児歯科にご相談ください!

ご家庭でできるむし歯予防

01

10歳までは、寝る前に仕上げ磨きをしましょう。また歯磨き後は糖分を含むお菓子や果物、ジュースなどは食べないようにしましょう。

02

フッ素入り歯みがき剤、フッ素入りの洗口剤を使用しましょう。

03

キシリトール100%のガムやタブレットを上手に活用しましょう。

04

おやつは食べる時間を決めましょう。ダラダラ食べはやめましょう。

歯科医院でできるむし歯予防

01フッ素の塗布

歯の表面の層(エナメル層)はフッ素を取り込むことで、硬く丈夫になります。歯の表面に高濃度のフッ素を塗り、むし歯に強い歯を作ります。

02PMTC

専門の機械とフッ素入り研磨ジェルでクリーニングを行います。歯の表面と、歯肉の境の溝にあるプラーク(細菌の塊)を取り除きます。表面の汚れを落とすだけでなく、歯の表面をキレイにします。

03シーラント

奥歯の溝は歯ブラシが届きづらく、むし歯になりやすいポイントです。奥歯のかみ合わせの部分をプラスチックで埋めることで、むし歯を予防します。

© KOCHI DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.